Wizup!(ウィズアップ)は、「小さな会社の知恵袋」をテーマに中小企業向け経営コンサルティング会社、Cross&Crown LLC(クロスアンドクラウン合同会社)が運営する、ビジネスポータルサイトです。

 この記事は約 3 分で読めます。2015年8月16日 

Drupalインストール

CMSと言えばWebma!でも採用しているWordPressが抜群のシェアを持っていますが、忘れてはいけないCMSがDrupal.

ホワイトハウスなどの政府機関はもちろん、各種大型サイトに採用されているCMSがDrupalです。
取り上げられることが少ないのですが、このDrupalをインストールしてみましょう。

Drupalのインストール

下記ダウンロードページより、最新版のDrupal7.38をダウンロードしてインストールしてみます。

ダウンロードページ

2015081601

Drupalの日本語化ファイル

ダウンロードしたら、ついでに日本語ファイルもダウンロードしておきましょう。

日本語ファイルダウンロードページ

2015081602

今回はDrupalの7.38ですので、drupal-7.38.ja.po というファイルになります。

次に、ダウンロードしたDrupalのコアファイル群をアップロードします。

そのあと、Public_html/profiles/standard/translations の中に、ダウンロードした日本語ファイル drupal-7.38.ja.po をアップロードします。

すべてのアップロードが終わったら、http://example.com(自身のURL)にアクセスして下さい。

2015081603

StandardとManualから選択できますが、Standardを選択します。

次に言語選択の画面になります。

2015081604

ここではjapanese(日本語)を選択して下さい。

次にデータベースの設定です。

2015081605

MySQLサーバーであれば、データベースのタイプは上のMySQLを選択したままでOKです。

データベース名、データベースのユーザー名、そしてデータベースのパスワードを入力します。

保存して次へ ボタンを押すとインストールが開始されます。

2015081606

次にサイトの環境設定画面に進みます。

2015081607

サイト名やユーザーアカウントの設定などを行います。

次に進んで…

2015081608

インストール完了です。

あなたの新しいサイトにアクセスするというリンクをクリックすると…

2015081609

デフォルトの状態のトップページに遷移します。

今日はここまで、Drupalの設定やテーマファイルの作成など、引き続き掲載します。

この記事の著者

増子貴仁
増子貴仁 Cross&Crown LLC代表社員
増子貴仁の記事一覧

この記事の著者

増子貴仁
増子貴仁
Cross&Crown LLC代表社員
記事一覧